Warning: Creating default object from empty value in /home/wordpress-keeper/www/wp-content/plugins/simple-amazon/include/sa_generate_html_class.php on line 52
WordPressのデータをバックアップ保存する方法 -【WordPressキーパー】

WordPressのデータをバックアップ保存する方法

サーバ内のデータが全て消滅してしまった、データベースが不慮の事故で破壊されてしまった、などの場合、データのバックアップを保存しておかなければ取り返しのつかない事になってしまいます。

普段から定期的にバックアップを保存する習慣をつけるようにしましょう。

WordPressファイルを保存する

ftpソフトを使ってサーバ上にあるWordPressに関連するファイルを全てローカルに保存します。

WordPressのバージョンをアップすると、サイトを構築するのに関連するファイルは書き換えられます。
バージョンアップした後に不具合が置きた場合、前のバージョンに戻せないなどのリスクに備えておきましょう。

XMLファイルを作成する

WordPressの管理画面からデータを.xml形式のファイルで”エクスポート”保存する方法です。
保存されたデータは”インポート”することによっていつでも復元することができます。

しかし、データの容量が大き過ぎる場合はインポートが上手くいかない場合があります。
データ量が大きいサイトはこの方法だけに依存するのはやめたほうがよさそうです。

エクスポートのやり方

管理画面 → 【ツール】 → 【エクスポート】
から”すべてのコンテンツ”にチェックを入れ「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンをクリックすればOK。

データベースのデータを保存する

データの形式は.sql、圧縮している場合は.sql.gzです。

phpmyAdminから直接データベースを保存する方法と、プラグインを使ってデータベースを保存する方法の2種類が存在します。データベースについての知識が少ない場合はプラグインを利用するようにしましょう。

データベース・バックアップ系プラグイン一覧

ページトップへ戻る

対応エリア

大阪府、神戸・宝塚、京都府
東京都を中心に世界中どこでも対応!!

業務内容例

WordPressでの企業ホームページ作成
サイトのリニューアル
サーバー移転
ECサイト構築/決済システム導入
多言語化
スマホ対応
WEBシステム開発
SEO対策

チュートリアル

お問い合わせ・資料請求
テーマ開発やプラグインのちょっとしたカスタマイズ、SEO内部対策など単発からのご依頼を承ります。WordPressサイトを運営されている事業オーナー様!お気軽にお問合せください。
お問い合わせ