Warning: Creating default object from empty value in /home/wordpress-keeper/www/wp-content/plugins/simple-amazon/include/sa_generate_html_class.php on line 52
ロリポップからXserverへWordPressサイトをサーバ移転する方法 -【WordPressキーパー】

ロリポップからXserverへWordPressサイトをサーバ移転する方法


Warning: Creating default object from empty value in /home/wordpress-keeper/www/wp-content/plugins/simple-amazon/include/sa_generate_html_class.php on line 304

サーバ移転

どうもWordPressキーパーです。
一段スペックの高いサーバを求めて、ロリポップからXserverへWordPressサイトをサーバ移転する機会がありましたので、今回は旧サーバから新サーバへ完全にサーバ移転するまでの手順とやり方を紹介したいと思います。

サーバが切り替わる前に動作確認アドレスでサイトの動きを確認して、無事安全に移転作業できました。
XserverへWordPressサイトのサーバ移転を考えている人は参考にしてみて下さい。データベースの知識がある人なら問題なくできますよ。

今回の作業の手順は以下の通り。

  • 1. Xserverと契約
  • 2. Xserverでドメイン設定
  • 3. XserverにWordPressをインストール
  • 4. 旧サーバのデータをエクスポート
  • 5. Xserverにデータをインポート
  • 6. 動作確認アドレスを発行
  • 7. XserverのWordPress管理画面から各種設定を確認
  • 8. 問題なければ6.7.の設定を元に戻す
  • 9. メールアカウント設定
  • 10. DNS(ネームサーバ)切り替え

それでは順番に説明していきます。

1. Xserverと契約する

https://secure.xserver.ne.jp/xinfo/?action_register_server_search=onhttps://secure.xserver.ne.jp/xinfo/?action_register_server_search=on

エックスサーバーお申し込みフォームから希望のサーバーIDを入力して申し込みます。
無料お試し期間が10日間あるので躊躇せず申し込みましょう。

申し込みが完了すれば、登録したメールアドレス先にサーバ情報が届きますので大切に保管しましょう。

2. Xserverでドメイン設定

旧サーバ(私の場合だとロリポップです)で設定していたドメインをXserverに登録します。
この時点ではサーバが切り替わることはないので、男なら躊躇せずにどーんと設定しましょう。

Xserverにログイン後、サーバパネルにログインします。

Xserverサーバパネル

【ドメイン設定】をクリック。続いて【ドメインの追加設定 】をクリックし、ドメイン名を入力、以下のように追加ドメインが確認できたら追加作業は終了です。

追加ドメイン

3. XserverにWordPressをインストール

自動インストール

サーバパネルにある【自動インストール】をクリック、続いて【プログラムのインストール 】をクリック、「WordPress 日本語版」をインストールします。このへんは通常のWordPressインストールの方法と変わらないので省略します。

データベースを空にする

入れたばっかのワードプレスですが、旧サーバのデータを入れるため、すぐにデータベースを空にします。
サーバパネルにある DATABASE の項目【phpmyadmin(MySQL5)】からデータベースにアクセスします。
(アカウントはデータベース名、パスワードは送られているメールに記載されています)

データベースを削除

新規で作ったばっかのデータベースなのでなんも入ってないです。
これを上の画像のように全部消します。

4. 旧サーバのデータをエクスポート

旧サーバ(私の場合はロリポップです)のデータベース、プラグイン、静的ファイル(あれば)をエクスポートします。
旧サーバのphpMyAdminへログイン、エクスポートからsqlファイルをダウンロードします。

データをエクスポート

この時【DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加】と【ファイルに保存する 】にチェックを入れるのを忘れずに。またデータの量が膨大な場合は新サーバへインポートする際に不具合が出る場合もあるので、テーブル一つずつダウンロードするのがいいかもしれません。

今回のケースではWordPRessのバージョンを最新にする目的もあったため、旧サーバのWordPressデータはエクスポートしませんでした。テンプレート以外のWordPressファイルを編集している人やWordPressファイルをそのまま引っ越ししたい人は、旧サーバのWordPressファイルも引っ越ししましょう。(新サーバのwp-config.phpだけ残しておけばOK)

5. Xserverにデータをインポート

FTPソフトなどを使ってXserverにプラグイン、静的ファイル(あれば)をアップロード。
Xserverのデータベースに旧サーバからエクスポートしたsqlファイルをインポートします。

これで理論上、Xserverのサーバ上に旧サーバで動いていたWordPressサイトがそのまま引っ越してきた格好となりました。
続いて、ちゃんと動くのか動作確認をしてみましょう。

6. 動作確認アドレスを発行する

サーバパネルにある【動作確認URL】をクリック、【動作確認URL設定の追加】をクリックし追加ボタンをクリックします。

動作確認URL設定の追加

こうして吐き出された URL によってサイトを確認することができます。しかしこのままではトップページ以外のページやWordPrss管理画面に入ることはできません。旧サーバ上で動いているドメインにリダイレクトされるからです。

7. 一時的にurlを編集する

これを解決するために、新サーバ内 WordPress のurl設定を一時的に編集し、トップページ以外のページやダッシュボードに入れるようにします。

この手順は2つ。
まず Xserver の phpMyAdmin へ入り、WordPressのデータベーステーブル内の【wp_option】内の「siteurl」を、さっき取得した動作確認用urlに書き換えます。

動作確認用urlに書き換え

これで動作確認用URLの末尾に 〜/wp-admin/ と打ち込むことでダッシュボード画面に入ることができました。
続いてダッシュボード →【設定】→【一般】の「サイトアドレス (URL)」を動作確認用urlに書き換えます。

これで動作確認用url内を自由に閲覧することができるようになりました!!
不具合がないか心ゆくまで確かめましょう。

8. …確認して問題なければ設定を戻す

サイト表示に問題がなければ先ほど書き換えた2カ所を元に戻します。

9. メールアカウント設定

メールアカウントを設定します。

10. DNS(ネームサーバ)切り替え

ドメイン取得業者のコントロールパネルからネームサーバを切り替えます(私の場合はムームードメインでした)。
メニューの【ドメイン操作】→【ネームサーバ設定変更】
から「上記以外 のネームサーバを使用する」にチェックを入れます。

xserver

その欄に、メールで送られて来たXserverのネームサーバを5つ入れて【ネームサーバの設定変更】をクリック。

以上で移転手続き終了!

これで無事に引っ越しすることができました。手順だけ見るとやることは多いですが一度やってしまえば次の時も対応できそうです。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書

  • 著者/訳者:プライム・ストラテジー株式会社
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2012-03-30 )
  • 大型本:336 ページ
  • ISBN-10 : 479736758X
  • ISBN-13 : 9784797367584

ページトップへ戻る

対応エリア

大阪府、神戸・宝塚、京都府
東京都を中心に世界中どこでも対応!!

業務内容例

WordPressでの企業ホームページ作成
サイトのリニューアル
サーバー移転
ECサイト構築/決済システム導入
多言語化
スマホ対応
WEBシステム開発
SEO対策

チュートリアル

お問い合わせ・資料請求
テーマ開発やプラグインのちょっとしたカスタマイズ、SEO内部対策など単発からのご依頼を承ります。WordPressサイトを運営されている事業オーナー様!お気軽にお問合せください。
お問い合わせ