WordPressのマルチサイト機能で複数サイトを管理しよう!【hetemlの場合】

WordPressのマルチサイト化

WordPressを複数運営するのにとても便利なマルチサイト化、今回はインストールから複数サイトを設定するところまでの手順をみていきたいと思います。

今回の作業の手順は以下の通り。

  • 1. wp-config.phpに一行追加する
  • 2. プラグインの不具合に対処する
  • 3. ネットワークの設定を有効にする
  • 4. wp-config.php と .htaccess を編集する
  • 5. サーバでサブドメインを設定する
  • 6. サイトを追加する
  • 7. 言語設定する

マルチサイト化のメリット

複数サイトの管理が楽!

大元のワードプレス一つインストールするだけで、複数のワードプレスサイトを運営できます。
親ネットワークにテーマやプラグインをインストールすれば、それぞれのワードプレスでそれらのテーマやプラグインを自由に選択することが可能になります。
ウィジェットを使えばそれぞれのサイトのデザインを自由に変えることだって可能。
バージョン・プラグインのアップデートも一括で実行できます。

また複数サイトで同じテーマを使用していてテーマを修正する場合、テーマの修正が1回で済みます。
似たような機能をもったサイトを複数運営したりグループサイトをまとめて管理したいような時に、マルチサイトはとても便利な機能です!

マルチサイト化・作業の手順

それでは実際にマルチサイトする手順を見て行きましょう。
親となるサイトにワードプレスをインストールしたらスタート!!

1. wp-config.phpに一行追加する

親サイトとなるワードプレスのファイル wp-config.php に以下のコードを追加します。

define('WP_ALLOW_MULTISITE' , true);

すると、ダッシュボードの【ツール】に【ネットワーク】という項目が追加表示されます。

ネットワーク

2. プラグイン(Google XML Sitemaps)の不具合に対処する

…と、その前に…
XMLサイトマップを自動生成してくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」を使っている人は、この段階で不具合が出るのでマルチサイトに対応します。

プラグイン内のファイル
google-sitemap-generator/sitemap.php
の、51行目あたりにある以下のコード

//Check for 3.0 multisite, NOT supported yet!
if((defined('WP_ALLOW_MULTISITE') && WP_ALLOW_MULTISITE) || (function_exists('is_multisite') && is_multisite())) {
    if(function_exists('is_super_admin') && is_super_admin()) {
        add_action('admin_notices',  array('GoogleSitemapGeneratorLoader', 'AddMultisiteWarning'));
    }   
     
    return;
}

これをまるまる削除。エラー表示が消えるはずです。

3. ネットワークの設定を有効にする

さて、1の作業後【ツール】メニュー内に【ネットワークの設定】という項目が確認できたら、これをクリックします。
「プラグインを全て無効化してから来てね」と言われるので、言われるがままプラグインを一旦すべて停止します。

ネットワークの設定を有効に

再度【ネットワークの設定】に入ると、新しくネットワークを生成する画面へと移り変わります。

4. wp-config.php と .htaccess を編集する

ここでサイトのURL・タイトル・メールアドレスを入力して【インストール】をクリックすると…何やら「2つだけ作業しなさい」と命令されます。
編集するファイルはwp-config.php と .htaccess の2つ。

wp-config.php ファイルの、
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。*/
という行より上に、以下のコードを追加します(○部分は自分のサイトURL)。

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', true);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', '○○○○○○○○○○');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

続いて .htaccess ファイルに以下のコードを追加し、ほかの WordPress のルールを置き換えてください(○部分は自分のサイト・ディレクトリ)。

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^wp-admin$ wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ - [L]
RewriteRule ^(wp-(content|admin|includes).*) ○○○○○○○○○○/$1 [L]
RewriteRule ^(.*\.php)$ ○○○○○○○○○○/$1 [L]
RewriteRule . index.php [L]

これでマルチサイト化が完了しました!
続いてサーバからサブドメインを追加してあげます。

5. サーバでサブドメインを設定する

ヘテムルの場合、ログインしてから右メニュー【ドメイン・メール関連】をクリック、「ドメイン詳細」から【サブドメイン】をクリックします。

サブドメインを設定

続いて「サブドメインの設定」のボタン【新規作成】をクリック。

サブドメインの設定

好きなサブドメイン名を入力。
「ディレクトリ名」はネットワークの設定で指定したURL、つまり親サイトのURLを入力します。
ここまでくればあとは簡単!

6. サイトを追加する

サイトを追加

ワードプレスに戻り、管理メニューの特権管理者のダッシュボードへ移動し、メニューにある【サイト】にある【新規追加】クリックし、サイトを追加します。サイトのアドレスにはさっきサーバで設定したサブドメイン部分を入力してあげればOK。

これでサブドメイン・サイトが誕生しましたよ!!
サーバでサブドメインを設定すれば何個でも新しいWordPressサイトが出来上がります。

7. 言語設定する

新しく作ったサイトの言語設定はデフォルトで英語になっています。これを
【特権管理者→設定】→ ネットワーク全体の設定
で【初期言語設定】を【日本語】にします。

PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応

  • 著者/訳者:藤本 壱
  • 出版社:ソシム( 2010-09 )
  • 単行本:327 ページ
  • ISBN-10 : 488337730X
  • ISBN-13 : 9784883377305

ページトップへ戻る

対応エリア

大阪府、神戸・宝塚、京都府
東京都を中心に世界中どこでも対応!!

業務内容例

WordPressでの企業ホームページ作成
サイトのリニューアル
サーバー移転
ECサイト構築/決済システム導入
多言語化
スマホ対応
WEBシステム開発
SEO対策

チュートリアル

お問い合わせ・資料請求
テーマ開発やプラグインのちょっとしたカスタマイズ、SEO内部対策など単発からのご依頼を承ります。WordPressサイトを運営されている事業オーナー様!お気軽にお問合せください。
お問い合わせ