Warning: Creating default object from empty value in /home/wordpress-keeper/www/wp-content/plugins/simple-amazon/include/sa_generate_html_class.php on line 52
お問い合わせフォームを自動生成するWordPressプラグイン一覧(Cotact Form 7とか) -【WordPressキーパー】

お問い合わせフォームを自動生成するWordPressプラグイン一覧(Cotact Form 7とか)

Cotact Form 7

WordPressに、これだけ入れておけば間違い無し!のお問い合わせ系プラグインを紹介します。一番有名なのが最初に紹介する「Contact Form 7」。使い勝手がよくカスタマイズなど応用も効くプラグインです。

Contact Form 7


デフォルトの様子

お問い合わせ系プラグイン定番の国産プラグイン。
AJAXを使ったシームレスな送信、柔軟なフォーム・デザイン、ファイルのアップロード、複数のフォーム作成など機能も充実していながらシンプルに操作することができます。

有効化した後、お問い合わせ用の固定ページを作成、HTMLエディタで以下のコードを記入すればOK。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

カスタマイズ方法

「ダッシュボード」→「お問い合わせ」→ コンタクトフォーム【編集】をクリック

【フォーム】欄で追加したい要素を編集します。新しく項目を追加したい場合は右の「タグの作成」からメニューを選択します。

【メール】部分で送り先のメールアドレス・件名・メッセージ本文などを設定することができます。

送信完了ページを表示する

デフォルトでは表示できない、送信完了画面を表示させる方法です。
Contact Form 7の設定画面の一番下にある【その他の設定】に以下のコードを追加します。

on_sent_ok: "window.location.href ='http://~';"

「〜」内に表示させたいページのURLを入力、最後に「保存」ボタンをクリックします。
これで送信完了した際に、指定したページへ飛ぶことができるようになりました。

送信後にフォームを非表示にする

送信完了後のformタグには sent というクラスが付きます。これを利用してフォームを見えなくすることもできます。
ダッシュボード → 【お問い合わせ】 → 【フォーム】
の修正画面から送信完了後に見せたくない部分をdivで囲んで保存したあと、css でその部分を
display: none;
すればOK。

inquiry form creator

問い合わせとしての基本機能の他に、確認画面がついていたり投稿された内容は全てデータベースに蓄積され確認画面から管理を行うことができるプラグイン。Contact Form 7よりもさらに業務よりなお問い合わせ系プラグインです。

Trust Form

inquiry form creatorの機能に加え、確認画面・サンキュー画面の文言編集、「必須マーク」など画像の使用が可能、管理画面上でCSSカスタマイズ、問い合わせ内容はDBに保存しない設定も可能…などなど、こちらも機能盛りだくさんです。

ページトップへ戻る

対応エリア

大阪府、神戸・宝塚、京都府
東京都を中心に世界中どこでも対応!!

業務内容例

WordPressでの企業ホームページ作成
サイトのリニューアル
サーバー移転
ECサイト構築/決済システム導入
多言語化
スマホ対応
WEBシステム開発
SEO対策

チュートリアル

お問い合わせ・資料請求
テーマ開発やプラグインのちょっとしたカスタマイズ、SEO内部対策など単発からのご依頼を承ります。WordPressサイトを運営されている事業オーナー様!お気軽にお問合せください。
お問い合わせ